キンセイラン(ラン科)金精蘭

葉は広い披針形。 花序は穂状、花はまばらに十数個つき、がく片は披針形に広がり先がとがっている。
花弁は細い披針形で中央の唇弁がまっすぐ立ち先が三つに分かれている。

7月   山地の林内   北海道、本州、九州

希少種でとても巡り合うことは難しいと思っていた花、思いがけず情報をいただき 遠方でしたが見に行ってきました。人があまり入らない森の中 たったひとりで見に行った私は恐る恐るだったのに蜂に追いかけられて一層心細くなり1,2枚写しただけで 早々に帰ってきました。(笑
でも 憧れの花はひっそりと気高い姿で待っていてくれました。
下の方は 咲き終わったようでトップの花が 一つだけ咲いていてくれました。嬉しかったです。♪

2004年7月撮影・・・

2009年7月 しばらくぶりに キンセイランを見ることができました。

やはり 気品高くしなやかなその姿は かぐや姫のようでした〜









この場所に 毎年姿を見せてくれることを願います…♪

トップへ          戻る

inserted by FC2 system